好みのデザインが生きるオリジナルタオル

オリジナルタオル

オリジナルタオルは色んなシーンで活躍しています。子供たちのスポーツ少年団でお揃いのユニフォームやオリジナルタオルを作りチームの一致団結に貢献したり、大学のサークルで文化祭のスタッフ用としてお客さんと区別するために作ったりして特別感をだすことができます。オリジナルタオルは世代を問わず活動に合わせてデザインすることができるので思い出づくりにもなります。金額もリーズナブルなので作りやすいのがメリットと言えるでしょう。昔は作ってもらえるお店が近くにないという理由からなかなか興味をもつ人がいませんでしたが、現在はインターネットでオリジナルタオルを注文して作成することができ身近になったことから人気も出てきています。お気に入りのデザインで自分だけのタオルを作ってみましょう。1枚からでも注文することができます。

オリジナルタオルのサイズと用途とは

オリジナルタオルで人気が高いのはフェイスタオルと言われる、日常で一番使われることが多いサイズになります。顔や手を拭いたり頭に巻いたりできるものです。フェイスタオルは比較的安く大量生産が可能なので企業が宣伝用に配布するために作ったりもします。長さが1mほどあるマフラータオルは、スポーツ観戦やライブなどで多く用いられているため主に物販用として作られることのほうが多いです。女性にも人気があり、カバンにいれても邪魔にならないサイズのハンドタオルはちょっとしたプレゼントとして作られることが多いです。出産や七五三などのお祝いのお返しに作られることも多いようです。実用的なバスタオルはその大きさからデザインが目立つので華やかな模様で作って結婚式などのオリジナルギフトとしても喜ばれています。

タオルの生地にも様々な種類があります

オリジナルタオルとして一般的な生地はパイル生地です。生地に厚みがあり肌触りも心地よく、保湿性や吸水性に優れているので実用性が高いのが特徴です。印刷をはっきりと目立たせたい時は、シャーリング生地を使うのがおすすめです。タオルの表面にあるループ状の糸をカットしたものです。糸の毛足が短いので綺麗に印刷できるのです。ポリエステル繊維を使用したマイクロファイバー素材は吸水性がとても優れていて肌触りがとてもやさしいのが特徴です。赤ちゃんでも使えるタオルの表地をガーゼ織りにしたので滑らかで細かいデザインのプリントに適しています。販売されているタオルは高級タオルとして販売されていることが多いです。このようにデザインにあわせて生地を選ぶことでデザインの雰囲気にあったものが作れます。プリントの種類もあるので色々思考してオリジナルタオルを作りましょう。