オリジナルタオルを作る時のポイント

オリジナルタオル

オリジナルタオルを作るうえで様々なポイントがあります。デザインの点では、細かすぎるとプリントした時にインクで潰れてしまって何の文字や絵なのかがわからなくなってしまいます。できれば大きめのデザインにするほうが仕上がりはきれいになりますので気をつけましょう。また出来上がりの色がイメージがと違ったという声もよくあります。理想の色に仕上げるためにも念入りに確認しましょう。一度作ったデザインを変更したいとなったときに、企業によってはデザインの修正費用がかかるところもあったり、修正の回数に限度があるところがありますので事前に確認しておくことが大切です。納期については、企業にもよりますが出来上がるまでに1か月近く、修正なども入るとそれ以上かかることもあるので計画的に注文するようにしましょう。

オリジナルタオルを作るときにおすすめの素材

オリジナルタオルの素材としておすすめなものは、シャーリング生地です。シャーリング生地というのは、パイル生地の先端部分がカットされているものです。パイル生地というのは、一般的によく使われているタオルの生地で、ループ状の糸でできているタオルのことを言います。そのループの先端を短くカットしたものを、シャーリング生地といいます。均一に短くカットしているので、タオルの表面が芝生のような状態になります。そのため、インク等がきれいにプリントされるので、オリジナルタオルを作るのにとても適しているのです。他にもジャガードタオルというものがあります。柔らかな肌触りや、吸水性にも優れた生地です。インクプリントではなく染色された糸を使用するものなので色落ちがおきにくく、スポーツタオルやフェスの物販のタオルにも使われています。

オリジナルタオルを作るメリット

普段の生活でオリジナルタオルを作る機会はなかなかないかもしれませんが、オリジナルタオルをつくることは様々なメリットもあります。例えば地域の行事や、体育祭、文化祭などの学校行事などでお揃いのオリジナルタオルを作ったところ、とてもいい思い出になったという声が多く見られます。オリジナルTシャツなどもよく聞きますが、タオルなら、イベントが終わった後でも日常生活で使えますし、制作費用もそこまでかからないので、作りやすいという点もあります。また性別や世代も関係なく、誰もが使えるものなのでいいですよね。最近ではネットで気軽に注文することもできますし、企業によってはイラストレーターやデザインをアドバイスしてくれる人を雇っている会社もあるので、オリジナルタオルを作ったことのない方でも比較的作りやすくなっています。