オリジナルタオルの制作会社の選び方

オリジナルタオル

オリジナルタオルはインターネットでも作製を依頼することができます。どこの会社も、製法、サイズを選ぶことができます。企業用の名入りタオルは50枚からなど複数枚の注文が必要ですが、個人で作製するオリジナルタオルは1枚からでも作製することができます。自分でデザインするのが苦手な方でも制作会社が相談にのってくれるようです。デザインをお願いするときは、デザイン料が発生するところや、正式に発注をすればデザイン料は無料になるが、キャンセルをするとデザイン料が発生するところなど会社によって違うので注文前に確認をすることが大切です。ホームページの写真だけでは分かりづらい生地の質感や仕上がり具合を確認できるように、サンプル生地を提供してくれる会社もあるので、すてきなオリジナルタオルを作製するときに利用したいサービスです。

オリジナルタオルを作製するメリット

オリジナルタオルは、企業が使用するご挨拶用や販促のタオルだけではなく、結婚式の引き出物、景品、スポーツチームでの部活用タオルといろいろな場面で作製されています。タオルは私たちの生活の中で、使用する機会も多く、いただくことがあっても困ることはありません。シンプルな企業の名入りタオルだけではなく、自分たちでデザインをしたり、写真をタオルにプリントすることもできるので、個人や仲間で気軽に作製することができます。部活動やチームでオリジナルタオルを作製すると、部員やチームでの団結力が高まります。大き目のスポーツタオルやマフラータオルだけではなく、ハンドタオル、ミニタオルといった小さめのサイズのタオルも作製することもできるので、企業のノベルティやプレゼントにも最適です。

オリジナルタオルのプリント作製方法

オリジナルタオルを作るとき、タオルの製法によってデザインの仕上がりが違ってきます。毛違いのジャガード織は、2色の色糸を織ることでデザインを表現するので、裏表がリバーシブルになるのが特徴です。染料インクジェットプリントは、タオル全面に色数制限なくプリントできるので、表現豊かにプリントできる最適な製法です。染料スクリーンプリントは、プリントした部分の発色や光沢感の綺麗さが特徴で、タオルの前面にプリントができます。顔料スクリーンプリントは、オリジナルタオルを製作する中で、最もシンプルな製法です。プリント可能な範囲があります。顔料インクをプリントに用いるので、プリント面は多少硬くなりますが、にじみが少なく細いラインやデザインの表現がきれいにプリントすることができるのが特徴です。タオルの大きさも用途によって選ぶことができます。